株式会社 SN食品研究所

伊勢うどん印刷する

【三重県郷土料理】「伊勢うどん」は江戸時代から存在していて、参宮街道沿いにうどん屋があり、参拝客が食べていました。
全国各地から歩いてきている参拝客の疲労は相当なものであり、その疲れをいやし、活動源になる食べ物として、うどんは最適でした。