株式会社 SN食品研究所

ひきずり印刷する

【愛知県郷土料理】名古屋ではすき焼きの事を「ひきずり」と言います。すき焼きなべの上で肉をひきずるようにして食べたことから
「ひきずり」と呼ばれるようになりました。大みそかにはひきずりを食べて、都市の終わりまでひきずってきた
いらないものを、その年のうちに片づけてから新年をむかえるという習慣がありました。
すき焼きには牛肉を使いますが、愛知県では名古屋コーチンなどニワトリの飼育がさかんなので、ひきずりにも鶏肉が使われます。