1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 【ブラジル料理】シンシン・デ・ガリーニャ

印刷する

【ブラジル料理】シンシン・デ・ガリーニャ

【ブラジル料理】シンシン・デ・ガリーニャ

ブラジルのシンシン・デ・ガリーニャという鶏肉のナッツ煮込みをアレンジしたレシピです。
素朴な味わいに、ナッツのコクと香ばしさがプラスされた一品です。
ピーナッツの食感が残るぐらいに砕いて、じっくりと炒めることがポイントです。

減塩 食物繊維

材料(1人分)

  • 国産たかえびムキミ(15g)
  • 鶏もも肉(10g)
  • ピーナッツ(5g)
  • カシューナッツ(5g)
  • にんにく(0.5g)
  • にんじん(15g)
  • たまねぎ(15g)
  • こしょう(0.02g)
  • 塩(0.1g)
  • サラダ油(0.5g)
  • ごま油(0.5g)
  • レモン汁(2g)
  • おろししょうが(0.5g)
  • 水(20g)

つくり方

《下準備》
にんにく・たまねぎ・にんじんはみじん切りにしておく。
鶏もも肉は1cm角に切っておく。
ピーナッツとカシューナッツは細かく砕いて混ぜ合わせておく。
①ボウルにお肉、にんにく、たまねぎ、こしょう、塩を入れて混ぜ合わせ、10分くらい置いて馴染ませる。
②フライパンにサラダ油とごま油を入れ、①を炒め、にんじんも炒め合わせる。
③火がとおったら、SNむきえび・ナッツ、レモン汁、おろししょうがを入れて更に炒める。
④途中様子を見ながら水っぽくならない程度に水を入れる。
⑤味を見て塩が足らなければ加える(分量外)
⑥ごはんと一緒に盛り付ける。

SN栄養士ひとくちメモ

シンシン・デ・ガリーニャは、バイーア州(ブラジル北東部)独特の伝統料理で、ブラジル南部では見かけることさえない食べ物です。北東部は奴隷で連れてこられたアフリカの文化が色濃く残っており、元々は神様への供物として作られていたそうです。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    114

  • たんぱく質( g )

    7.4

  • 脂質( g )

    7.5

  • ナトリウム( mg )

    92

  • カルシウム( mg )

    18

  • ( mg )

    0.5

  • マグネシウム( mg )

    33

  • 亜鉛( mg )

    0.9

  • ビタミンA( μgRE )

    107

  • ビタミンB1( mg )

    0.07

  • ビタミンB2( mg )

    0.05

  • ビタミンC( mg )

    2

  • 食物繊維( g )

    1.3

  • 食塩相当量( g )

    0.2

このレシピで使用した商品