株式会社 SN食品研究所

ひっつみ風印刷する

【岩手県郷土料理】小麦粉を水で耳たぶくらいのやわらかさまで捏ね、ねかしたものをひっつまんで(ひきちぎっての方言)鍋に入れることから「ひっつみ」の名がつきました。