株式会社 SN食品研究所

ぬっぺ汁印刷する

【茨城県郷土料理】ぬっぺ汁はもともと「のっぺい」と呼ばれ、漢字では「濃餅」とか「能平」と書きます。
さといも等を用いたぬるっとした感触のある煮込み汁で、昔から全国的に「郷土料理」として存在していたようです。