1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 煮ごみ

印刷する

煮ごみ

煮ごみ

【佐賀県郷土料理】

鉄分 食物繊維

材料(1人分)

  • SNF豆製品 各種(蒸し小豆、5g)
  • 鶏もも肉(小間切れ)(15g)
  • 冷凍さといも(1.5cm角切り)(30g)
  • れんこん(1.5cm角切り)(20g)
  • ごぼう(ささがき)(10g)
  • にんじん(1.5cm角切り)(10g)
  • 板こんにゃく(1.5cm角切り)(15g)
  • さやいんげん(ななめ切り)(5g)
  • 乾燥しいたけスライス(1g)
  • 糸昆布(1g)
  • サラダ油(5g)
  • ★清酒(2g)
  • ★本みりん(2g)
  • ★三温糖(2g)
  • ★濃口しょうゆ(4g)
  • 水(乾燥しいたけ、昆布のもどし汁)(60g)

つくり方

①下準備をする。
・乾燥しいたけ、昆布は洗って水でもどし、もどし汁は出汁として使う。
・さといもは解凍しておく。
・れんこん、ごぼう、にんじん、こんにゃくは下ゆでをする。
・さやいんげんはすじをとりゆでる。
②サラダ油で鶏もも肉を炒め、れんこん、ごぼう、にんじん、こんにゃく、さといも、水を入れ煮込む。
③あくをとり、しいたけ、昆布、小豆を入れ★の調味料を加える。小豆の甘味により砂糖を加減する。
④最後にさやいんげんを入れる。

SN栄養士ひとくちメモ

伊万里や西松浦地域の「おくんち料理」のひとつでハレの日のごちそうとして振る舞われています。
杵島地域にも「煮ごみ」と似たおくんち料理があり、「煮じゃあ」と呼ばれています。佐賀県では、秋祭りの「唐津くんち」や「伊万里くんち(伊万里トンテントン)」があり、秋に収穫した実りの物を神に捧げるという意味から「お供日(おくんち)」とも書きます。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    151

  • たんぱく質( g )

    6.1

  • 脂質( g )

    7.2

  • ナトリウム( mg )

    301

  • カルシウム( mg )

    37

  • ( mg )

    0.8

  • マグネシウム( mg )

    32

  • 亜鉛( mg )

    0.8

  • ビタミンA( μgRE )

    78

  • ビタミンB1( mg )

    0.09

  • ビタミンB2( mg )

    0.1

  • ビタミンC( mg )

    13

  • 食物繊維( g )

    3.7

  • 食塩相当量( g )

    0.8

このレシピで使用した商品