株式会社 SN食品研究所

黄飯とかやく印刷する

【大分県郷土料理】黄飯は安土桃山のころ伝えられらたという説があります。かやくは多忙な商家が、大晦日に大量にかやくを煮て、温め直しては食べたと言われています。