1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 岡山ばらずし

印刷する

岡山ばらずし

岡山ばらずし

【岡山県郷土料理】

カルシウム 食物繊維

材料(1人分)

  • 国産たかえびムキミ(20g)
  • 学校給食用カルシウム米(1g)
  • 精白米(70g)
  • ★砂糖(6g)
  • ★米酢(10g)
  • ★食塩(0.9g)
  • 【むきえび調味料】食塩(0.05g)+砂糖(2.5g)+穀物酢(4g)
  • 【しいたけ調味料】乾燥しいたけスライス(1g)+砂糖(0.5g)+しょうゆ(1g)
  • 【あなご調味料】あなご(15g)+砂糖(1.5g)+清酒(1g)+しょうゆ(1.5g)
  • 【れんこん調味料】れんこん(8g)+砂糖(1.5g)+穀物酢(2g)
  • 冷凍錦糸卵(15g)
  • 人参(5g)
  • さやえんどう(5g)
  • 食塩(0.01g)

つくり方

①洗米後カルシウム米を混ぜ炊飯し、★を合わせ酢飯と混ぜ冷ましておく。
②具材を下準備する。
・乾燥しいたけは水でもどす。(もどし汁も使用)
・むきえびを塩ゆでする。
・あなごは3cm長さに切っておく。
・れんこんは2mmの輪切りにする。
・人参はいちょう切りにし、塩茹でする。
・さやえんどうはすじをとり2mmななめ薄切りにし、塩茹でする。
③むきえびを調味料を合わせた甘酢に漬ける。
④しいたけを合わせた調味料で炊いて冷ましておく。
⑤あなごを合わせた調味料でつけ焼きする。
⑥れんこんを合わせた調味料でさっと煮る。
⑦①の酢飯に具材をかざる。

SN栄養士ひとくちメモ

江戸時代、備前岡山の大名であった池田光政は、家来や国の人々にぜいたくをしないようにと「食事は一汁一菜とする」というお触れを出しました。そこで、祭りの日など特別な日にごちそうを食べたい人々は、魚や野菜を目立たないようにすし飯にまぜ、見た目は一汁一菜ですが、中にはたくさんの具が入ったごちそうである「ばらずし」を考えました。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    251

  • たんぱく質( g )

    10.7

  • 脂質( g )

    3.1

  • ナトリウム( mg )

    672

  • カルシウム( mg )

    93

  • ( mg )

    0.6

  • マグネシウム( mg )

    25

  • 亜鉛( mg )

    1.0

  • ビタミンA( μgRE )

    129

  • ビタミンB1( mg )

    0.06

  • ビタミンB2( mg )

    0.11

  • ビタミンC( mg )

    7

  • 食物繊維( g )

    1.1

  • 食塩相当量( g )

    1.7

このレシピで使用した商品