1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 芋あべかわ

印刷する

芋あべかわ

芋あべかわ

【福井県郷土料理】

減塩 鉄分 食物繊維

材料(1人分)

つくり方

①じゃがいもは皮をむいて1cm厚さに切り、水にさらす。
②じゃがいもが柔らかくなるまで茹でて水気を切り、熱いうちにマッシャーでつぶし、塩・片栗粉・水を入れてよく練り上げる。
③②をまな板の上におき、麺棒で7mm厚さの長方形にのばし、包丁で三角形に切って片栗粉をはたく。
④たっぷりの熱湯の中に③を入れて茹で、浮かび上がったら取り出す。
⑤黒砂糖を水で溶いて④にまぶし、きな粉と砂糖を合わせたものにからめて出来上がり。

SN栄養士ひとくちメモ

芋あべかわはお餅がなかなか手に入らなかった時代に、芋をお餅に見立てて考え出されたお菓子です。
芋は、じゃがいもやさつまいもが使用され、芋と片栗粉を混ぜてお餅のようにして、その上にきな粉や黒砂糖をかけて食べます。
福井地方では、その時代を懐かしんで、今でもこの芋あべかわを食べる習慣が残っています。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    140

  • たんぱく質( g )

    2.2

  • 脂質( g )

    1.2

  • ナトリウム( mg )

    2

  • カルシウム( mg )

    27

  • ( mg )

    0.9

  • マグネシウム( mg )

    19

  • 亜鉛( mg )

    0.2

  • ビタミンA( μgRE )

    0

  • ビタミンB1( mg )

    0.06

  • ビタミンB2( mg )

    0.02

  • ビタミンC( mg )

    7

  • 食物繊維( g )

    1.1

  • 食塩相当量( g )

    0

このレシピで使用した商品