株式会社 SN食品研究所

【冬至行事食】ほうとう印刷する

【山梨県郷土料理】山間部では米作りが難しく、お米は貴重な食べ物でした。代わりに麦を栽培し、その収穫した麦を麺にして季節の野菜と一緒に味噌で煮込んで食べたのが「ほうとう」の始まりです。麺を打った後ねかさず、すぐに切って煮込みます。そのため煮くずれしやすいですが、その麺と味噌の交じり合った味が「ほうとう」ならではのおいしさです。使う野菜に決まりはありませんが、かぼちゃを入れて作られることが多いです。