1. HOME
  2. 学校給食レシピ
  3. 豚玉丼

印刷する

豚玉丼

豚玉丼

豚肉にはビタミンB群がたっぷり含まれています。

【オリンピック・パラリンピック応援レシピ】
競泳競技は、男子は1896年アテネ大会から、女子は1912年ストックホルム大会からオリンピックの公式種目となりました。
2020年東京大会では、800m自由形(男子)、1500m自由形(女子)、4×100mメドレーリレー(混合)の3種目が新たに加わり、
種目数は35となります。
泳ぎ方にもよりますが、数あるスポーツの中でも運動量が多く、疲労も溜まります。
豚肉に多く含まれるビタミンB1は、別名「疲労回復ビタミン」とも呼ばれ、糖質の代謝を促進し、体に溜まった疲労を取り除いてくれる働きがあります。
激しい運動をする時は、ビタミンB1が不足しやすいので、積極的に摂ることをおすすめします。

カルシウム 鉄分 食物繊維

材料(1人分)

  • スクールちくわ(10g)
  • 学校給食用カルシウム米(1g)
  • 精白米(70g)
  • 水(84cc)
  • 豚もも肉(25g)
  • 鶏卵(20g)
  • 玉ねぎ(65g)
  • 人参(10g)
  • 長ねぎ(5g)
  • エリンギ(7g)
  • 凍り豆腐(1g)
  • ★しょうゆ(7.6g)
  • ★砂糖(1g)
  • ★みりん(1g)
  • ★清酒(1g)
  • 片栗粉(水で溶く)(0.8g)
  • ◎削り節(1g) (だし汁用)
  • ◎水(40g) (だし汁用)
  • 刻み海苔(0.3g)

つくり方

«下準備»
・洗米後カルシウム米を加えかるく混ぜ合わせてから炊飯する。
・豚もも肉は食べやすい大きさに切り、あらかじめ炒めておく。
・玉ねぎは1/2切りにして6mmスライス、人参は千切り、長ねぎは5mmの小口切り、エリンギは縦1/4割りにして長さ2cmに切る。
・スクールちくわは斜めに切り、凍り豆腐はもどして薄切りにする。
・◎の材料でだし汁をとる。(約20分)
①だし汁を火にかけ、豚もも肉、人参、玉ねぎ、長ねぎの順に入れる。
②エリンギ、ちくわ、凍り豆腐を入れる。
③★印で調味をする。
④水溶き片栗粉を加え、溶いた卵を流し入れ、とじる。
⑤卵に火が通ったら、器に炊き上がったご飯を盛り、上に⑤をのせる。
⑥刻み海苔を散らす。

SN栄養士ひとくちメモ

学校給食用カルシウム米は洗米後のお米(または無洗米)に加え、よく混ぜ合わせて炊飯してください。炊き上がりのご飯は、よく混ぜ合わせてからお召し上がりください。

献立栄養価

  • エネルギー( kcal )

    396

  • たんぱく質( g )

    15.8

  • 脂質( g )

    5.8

  • ナトリウム( mg )

    563

  • カルシウム( mg )

    158

  • ( mg )

    1.6

  • マグネシウム( mg )

    44

  • 亜鉛( mg )

    2.1

  • ビタミンA( μgRE )

    101

  • ビタミンB1( mg )

    0.34

  • ビタミンB2( mg )

    0.21

  • ビタミンC( mg )

    7

  • 食物繊維( g )

    2.1

  • 食塩相当量( g )

    1.4

このレシピで使用した商品